彼女に描いてもらった絵

November 30, 2009 (Mon)11 November
0803_381.jpg

illustration by RYOKO YOSHIDA

彼女の絵、いい具合のはみ出し加減。

勢いがあるのに優しさを感じる。

目は口ほどにものを言う。
というけれど
絵は口ほどにものを言うのかも。


郵便受けにポチ袋サイズの手紙が舞い込んだ。

一足早いお年玉か?
なんて。(あるわけない)
宛先を観て一瞬分からなかったのは
名字がかわっていたせい。
…まだ慣れない私。

結婚式してきました〜。


彼女の個展で初めてお会いし
ふたりで絵を描きあいこした日から
ずいぶん過ってしまった気がします。
何枚か購入したポストカードは、
もったいなくて使えずにいます(笑)

リョウコさん、
私は旦那さんのブライダル衣裳、半ズボンがツボです。
白無垢、とてもきれいでした〜
(私信)

HPはリニューアル中とのこと
新しく完成した際にはまたご紹介させていただきますね。

Hiroe

hiroe_botan_1306_LL.jpg

表現力

November 27, 2009 (Fri)11 November, Sketch
0803_380.jpg


装丁に惹かれて買った本だった。

30年前にすでに発行されたものを装丁リニューアルして本屋にならんでたもの。

たまげた。

心の描写が強烈にリアルなのだ。

久しぶりに、読めてよかったという本に出会えた。

オンナくささとでも言えばいいのか…

身勝手さや傲慢さ。
せつなさや、いじらしさ
オンナの意地、愛おしさ。


はたまた

なんでや!
わからん!
どうでもいい!!

なんて男性からしたら思いがち(?)な
オンナのブラックホールみたいなトコ。

ああ、………わかる。

そう思った瞬間、なんともいえない安心感に包まれる。


「口のへらん奴ちゃな」

なんて。
関西弁で軽快なのもいい。


今の自分に引っかかったところと
数年後に引っかかるところが違うだろう
読み返したい本だなぁ…と
そんなふうに読み終えたのでした。

ちょっと年上の女性にお勧めです。

著:田辺聖子
「言い寄る」「私的生活」「苺をつぶしながら」
 

TANABE.jpg

 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

ちょっとしたこと

November 20, 2009 (Fri)11 November, Oil Pastel
0803_379.jpg



日が落ちるのが早くなった冬の入り口。

川沿いの道を夜、自転車で走る。
水面のひかりの反射と
その上を走る電車のオレンジライトが非常にうつくしい。

毎晩、簡易イスをマンションから持ち出して、
ぼーっとその様子を眺めているオッサン。

その近くで釣りに興じるジーチャン。

この町も捨てたモンじゃない。
ハンドルをぎゅっと握りしめる。



ただ…くれぐれも
夜道は気をつけないとね。


Hiroe

hiroe_botan_1306_LL.jpg

デザインUSB

November 10, 2009 (Tue)11 November
0803_378.jpg

私、PCにあまり頓着がない。

使えればいいや〜
処理速度が速くなってるじゃん!
おーうれしー

くらいの張り合いのないタイプ。

USBも使えればいい。

だけどね、コレはツボでした。


お客さんからデータを預かる際に渡されたUSB
 

TS3D0192.jpg秋葉原のお土産なんです〜。w

…思わず爆笑。


かわいいですーーー(><)ノシ
(そして脇腹痛いデース)

でしょ〜(^^) ♪

女子ふたり盛り上がりまくり。
















TS3D0195.jpg


鞄にそっとしまい込み
会社に戻ってさくっと調べたら
あった!!!!

ピンクの像や
イルカや
かいじゅう。

欲しい!これは欲しいぞ!!!



 TS3D0194.jpg


↑第二のツボw

シュールだ。

Hiroe
 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

本文の終わりです