YUME NOMAD vol.2

October 9, 2013 (Wed)10 October, Water color, liquitex, 展示会など

 

hiroe_web_1310A.jpg

hiroe_web_1310C.jpg


 

さて、アオキさんから写真が届いたのでアップ!

ありがとう、アオキさん!!!

 

昨日次回開催予定のコラボ展打ち合わせをしていた時に、

「Hiroeさんはどんな絵を描きたいの?」

ってとってもストレートに聞かれました。

 

その時にこたえたのは、

「観る人がHappyになれるようなもの。」

 

…ただ一晩考えて、ちょっとニュアンスが足りなかったかなと。

 

とってもおーきなひとくくりで言うと、

「絵が飾ってある空間が、気持ちいいもの」を作りたいと思っているんです。

 

ものすごく楽しい!でもいいんだけど

じんわり幸せな感じ…や

おかえりって迎えてくれるような感じ。

ほんの少しの切なさも入っているような…。

 

仕事でずっと絵を描いていた(いる)のだけど、

その先には必ずクライアントが居て

「こんなものがほしい」とリクエストがあるわけです。

(分かりやすく言えば。)

 

そのクライアントの先には必ずお客様がいるので

「どんなものを望んでいるのだろう、どんなものがウケるだろう」

と私は考えるわけです。

 

自分が持っているものを120%出してものづくりをしている(していきたい)わけですが、

自分の気持ちだけで描いているわけではないんですね。

 

ある日、すこしシンドいことがあって、

私の心がすこし辛いな〜とおもった時があったんです。

 

だから自分の部屋に「気持ちのいい」絵が欲しかった。

描き始めて、心がすこしずつ気持ち良くなっていきました。

 

自分の為に描くということをようやくスタートさせたような感じです。

 

そんな寄せ集めを個展では飾らせてもらいました。

 

絵のテイストはもしかしたら、これからもっと強い感じの絵になっていくかもしれないし

変わっていくかもしれない。

作風を確立させなきゃいけないっていうところとの葛藤?でもあるんですが。

 

でも絶対ぶれちゃいけないなと思ってるのは、

「気持ちの良い絵」であることだな。と。

 

どうこういっても私はその先に誰かがいてくれるほうが心地がいいから、

自分だけじゃなく、観てくれるひとがいて、一緒に気持良くなってほしいなと思うわけです。

 

とても嬉しかった言葉に「ずっと居たい空間やね」というものがありました。

 

技術と気持ちがバランスよくついてきてくれるように

日々精進しながら、「気持ち良い絵」を描き続けたいと思います。

 

 今まで関わってきてくれた人すべてに感謝の気持を込めて

これから出会える人に想いを込めて…

 

Hiroe

hiroe_botan_1306_LL.jpg

LION

September 11, 2013 (Wed)09 September, Water color, liquitex

 

lion.jpg


せつないライオン。
 
こちらも神戸行き!
 
 
先日、
 
モテ期きた!とかってどや顔で花束持ってた私(笑)
 
お祝いしてくれたみんなどうもありがとう!
 
メッセージくれたみなさんどうもありがとう!
 
無事に三十路スタートです。
 
どや(・∀・)まだまだピッチピチ―。
 
 
130911.jpg
 
メッセージといえば毎年、
一緒に働く仲間が
メッセージカードを作ってくれるんですが、

今年は後輩、和美作。

彼女はプランナーなので
Designはまったくやらないのですが、

一生懸命イラレで作ってくれたみたいです。


先輩デザイナーに渋い顔されながら、
切り抜きが甘い‥とかって。

よく見たらハートランド。

やっぱり呑んだくれのイメージ。
 


 
一生懸命作ったらしいからこちらに掲載決定(笑)
 
 


29歳の目標は
「楽しい思い出たくさん作って冷蔵庫の扉を写真で埋め尽くす」
 
なんて幼稚な発想なんだ!と思ったあなた、
やってみてください。
楽しい写真がまた楽しいことをよんでくれてる気になります(笑)
 
 たくさんのゆかいな仲間たちにめぐり逢えた29歳。
 
さて30歳。
 
ひとまず仕事中、電話の向こうのお客さんに聞こえるくらいのでっかい
くしゃみ(* >ω<)=3ヘックション!を控えようと思います。
 
オッサンクシャミするごとに500円徴収されるらしいし。
 
‥すぐ旅行行けるぐらいになりそうやな(・∀・)
 
 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

SAI

September 5, 2013 (Thu)09 September, Water color, liquitex

 

sai.jpg



 

仕事でもプライベートでも絵を描く毎日。

友達や後輩に、これ、どう思う?
と画像つきの迷惑メールを送りつけています。


すきすき!

とか言われるとまあほんと調子に乗るんですね。

褒められて伸びるタイプ。

だけど、

これはHiroeさんらしくないな〜

とバッサリ切られるのもあれですね。

気持ちがいい。


絵が変わっていく時ってなんとなーく自分でも分かるんですが、
いいものは残して新しいエッセンスを入れたい。

あれこれ考えるより楽しく描くことが一番なんですけどね。

楽しく描いて
「自分の家に飾りたいもの」を
描き続けたいものです。


今日は学生さんたちとお話をする機会がありました。

若いっていいね。

無限の可能性を秘めてるわけですから。


ま、私もまだまだ若いけどね!

ピッチピチやも〜ん。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

Hiroe

 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

SHIMAUMA

August 30, 2013 (Fri)08 August, Oil Pastel, Water color, liquitex

 

zebra.jpg

 

cup_dami.jpg

シマウマを一刻も早く完成させなければと焦っていたら
心の余裕をなくし友人とケンカしました。

(酔ってたけど(笑))

 

シマウマを一頭失敗したら
心の余裕をさらになくしシマウマに追いかけられました。

(寝てたけど(笑))

 

困ったな、どうしようかと思っていたら、
別の友人から電話があったので、ここ数日起こったシマウマの出来事を話しました。

大爆笑されました。

 

焦ってもいいものは描けませんね
そのことに気がついたら楽になって
シマウマ、無事完成。

そんなシマウマ、IKIMONO展オリジナルマグカップの絵柄に決定です。

画像で観るより、原画のほうが迫力(哀愁?)があると思うので
ぜひ神戸へおこしください!

けっこう大きいんですよこの絵。
 

次はライオンです。
まだ描いてないので今度は食われるかもしれません。


Hiroe
 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

赤い花

September 10, 2012 (Mon)09 September, Water color, liquitex

 

120907.jpg

 

 

真っ赤な花を描きたくて、

水彩の赤はイメージじゃなくて、

アクリル絵の具を選んだ。

近いうち、F20ぐらいのキャンバス3枚くらいに絵を描こうと思う。

問題は水張りが苦手なこと…

どうしたもんかいな。


Hiroe


hiroe_botan_1306_LL.jpg

bar garda mair June

June 4, 2012 (Mon)06 June, Oil Pastel, liquitex

 

120604.jpg



bar garda mair 6月の壁絵。

ストラスアイラを題材にすることは多いのですが(マスターが好きなものなので)
同じ物を描いても画材や描き方を変えるとあら不思議、違った表情に。

バックをダークな色で塗りつぶしたので、店内に飾った時にボトルが浮き出るといいな。

さて、あっという間に6月。
6月は特別な月になりそうです。


Hiroe


gardamair_A.jpg
   bar garda mairバー ガルダマリ 
 
  open : 月~土
  19:00〜5:00【日・祝19:00〜2:00】
  close : 第2,4日曜日
  (翌日が祝日の場合その日に繰り越し)
  
  TEL : 082.247.8817

  広島市中区流川町3-17 北政ビル5F
GM_MAP.jpgのサムネール画像

 
 
 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

ピンクフラワー

May 30, 2012 (Wed)05 May, Oil Pastel, Water color, liquitex

 

120530.jpg


ピンクを塗りたくりたくなり、花を一輪描いた上からガッシュで塗りつぶしました。
オイルパステルと水彩絵具とガッシュを使ったもの。
ちょっとこの手法、いいかもしんない。

もう5月も残すところあと1日…

夏は近いな〜。

Hiroe

hiroe_botan_1306_LL.jpg

テキスタイル風

November 19, 2010 (Fri)11 November, liquitex

hiroe_botan_1306_LL.jpg

リキテックス

July 8, 2010 (Thu)07 July, liquitex



 

100708+.jpg




 
アクリル用のキャンバスにLiquitex

 
 
バーガルダマリの絵に変化をつけたくて、
いつもとは違う画材に手を出してみる。
 
買ってはいるものの使わない画材その1
Liquitex。
 
そりゃいきなり使って上手くいくわけない。
悪戦苦闘した後にどうしようもない絵が残る。
 
キャンバスがどうにも哀れな感じなので
悔しさを絵の具にあたりながら
ゴールドで塗りつぶし、ひまわりで誤魔化した。
 
ガルダマリの絵は結局水彩で描くことに。
やっぱり水彩だな(オイルパステルも欠かせない)
なんて思いながらフンフン鼻をふくらます私。
 
Liquitexも使えるようになったら
もっと面白いかもしれない。
 
 
Hiroe

 

hiroe_botan_1306_LL.jpg

本文の終わりです